ふるさと納骨

menu

※ふるさと納骨は納骨先寺院を紹介する立場ですが、紹介料・手数料は一切いただきません。
永代供養について

子供に負担をかけたくない!知っておきたい永代供養墓の料金

2016/07/01
mark_yen_okaikei

気になる永代供養墓・・料金はいくらぐらいかかるの?

永代供養墓の料金は遺骨を安置する期間や供養の方法など、様々な形態があるため10万円~150万円以上とかなり幅があり、相場はいくらなど一言では言えないところがあります。

こちらで詳しく→ 選べる永代供養墓の種類とメリット・デメリット

money_carton_cashtray

永代供養墓3万円!明瞭化で安心?格安で不安?

大手流通グループのイオンを始め、葬儀を取り扱う会社などの一般企業がインターネット上で複数の寺院と提携して一律料金で埋葬できる永代供養墓を紹介(仲介)するページを作る動きも出てきています。そのページから申し込みをすると、料金は3万円~5.5万円程となっており、基本的には他の遺骨と一緒に土に還す合祀墓と呼ばれるお墓に入ります。(一部では数年骨壺を安置してくれるところもあり)

今までは同じ合祀墓でも地域や寺院により料金に差がありましたが、一律料金に明記することで、利用者に経済面での安心感を与えています。こちらで詳しく→永代供養の価格が下がっている4つの原因とは?

hikaku_board_woman

永代供養墓の料金に含まれるもの・含まれないもの

少子高齢化などで先祖代々の墓を管理・継承していくのが困難になり、無縁墓が年々増加しています。その解決口として、寺院が家族に代わり、供養と管理を始めたのが「永代供養墓」誕生の経緯です。それゆえ「永代供養墓」は先祖代々の墓とは違い、家族に継いでもらうことを前提としていません。料金についても一式支払えば、管理費など、その後の費用は一切かからないのが特徴です。

ただし、料金や内容はそれぞれ異なる場合もありますので、お墓を管理している寺院へ事前に確認しておくことが大切です。

永代供養墓の料金に含まれるもの・ふくまれないもの

料金に含まれるもの料金にふくまれないもの
永代供養料

使用料

維持費・管理費

納骨料

合祀料

戒名代

彫字料(墓誌に彫刻する際にかかる費用)

特別にお経をあげる場合のお布施

料金の高低さだけで判断しないで!自分に合った永代供養墓を

安易に料金の安さ・高さだけで判断するのではなく、永代供養墓の立地や環境、どのような供養が行われているかなど、しっかり確認した上で故人様・ご遺族様に合ったお墓を選ばれることをおすすめいたします。

zatsudan_kaiwa_roujin_kodomo

 

関連するお役立ち記事

カテゴリー

最近の記事

ページトップへ戻る