ふるさと納骨

menu

※ふるさと納骨は納骨先寺院を紹介する立場ですが、紹介料・手数料は一切いただきません。
供養について

遺族の精神的負担を軽く・・手元供養という考え方

2016/07/02
osoushiki_noukotsu_syuukotsu

手元供養とは

手元供養とは、遺骨の全て又は一部を手元に残し、故人をいつも身近に感じながら供養することをいいます。一般的には、亡くなってから四十九日(満中陰)まで行われることが多いですが、納骨を○○までにしないといけない、といった決まりはありません。法律上も節度を持って管理すれば問題ないとされています。

このような方が手元供養されています

・気持ちの整理がつかない方、故人をいつも側に感じていたいと思う方

・お墓を購入するには経済的負担が大きい

・宗教や宗派にこだわらず供養したい

・墓参りの距離や時間がかからない

fufu_engawa

手元供養のメリット・デメリット

メリットデメリット
・いつもそばにいると感じられ、安心できる。

・お墓を持たないので(石碑代・永代供養料・年間管理料等)特に費用がかからない。

・墓参りの距離や時間などを考えなくて済む。

・紛失や盗難といったトラブルにあう可能性がある。

・供養をしている人に何かあった場合、誰に引き継ぐかで問題になることがある。

・故人の親戚や知人が手を合わせたい場合、その都度家を訪れなければならない。

 kojin_omoide

遺骨ダイヤモンドも!多様化する手元供養の方法とかかる費用

・自宅安置型・・・陶器やオブジェに遺骨を入れて自宅で供養する方法です。

自宅で安置するので、特に費用はかかりません。

・装着型・・・少量の遺骨をペンダントや指輪に入れて身に着ける方法です。

ペンダントや指輪は数千円~30万円と素材や形によって様々な商品があります。

・加工型・・・遺骨を加工し、陶器や合成ダイヤモンドを作り、自宅に安置する方法です。

加工費20万円~250万円程度。加工する大きさや材質により費用が変わります。

money_yen_bill3

紛失や破損・・行き場をなくす遺骨も

故人の遺骨を側に置いておくことで、残された遺族の寂しさや不安は軽くなるかもしれません。一方で、「手元供養は亡き人が迷ってしまい、成仏できない」「亡くなった方にいつまでも執着してはいけない」とする考え方もあります。手元に置いておくことで、紛失や破損、家主がいなくなれば、行き場をなくすというリスクも。手元供養もひとつの選択肢として、遺骨の最終的な行き場は考えておく必要があります。

関連するお役立ち記事

カテゴリー

最近の記事

ページトップへ戻る