ふるさと納骨

menu

※ふるさと納骨は納骨先寺院を紹介する立場ですが、紹介料・手数料は一切いただきません。
お寺との付き合い方について

普段からお寺と付き合うことのメリット・デメリットとは?

お寺との付き合い方

お寺から連想するイメージは?進む寺離れ・・

「お寺」「僧侶」と聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

「格式の高い」「人格者」「神聖な」など良いイメージもあれば、「高いお布施、お金持ち」「近寄りがたい」「葬儀のときだけ」など逆の印象をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

高額な「お布施」や、寺院を支える「檀家制度」は世代交代が進むにつれて理解が得られにくく「寺離れ」が進んでいるのが現状です。

 

普段からお寺と付き合うことのメリット・デメリットとは?

「葬儀」や「法事」など、特別なことがない限り、あまり接する機会のないお寺ですが、

普段からお寺と付き合うことのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
・もしものとき(近親者が亡くなった際の葬儀など)に信頼のおける僧侶に来てもらえる。

・悩みや不安事があれば相談にのってもらえる。

・寺院のイベントに行ってみるだけで、地域の人等と交流ができる。

・檀家になる必要がある。

(最近では檀家でなくても参加できるところが増えています)

 

 job_obousan

行ってみたい!お寺で開催されるイベントは多種多様

メリットを踏まえて、普段からお寺との繋がりを持ちたいけれど、実際お寺って敷居が高く、入りにくい・・と考える方も多いと思います。

確かに、威厳を保ち、敷居を高くしている寺院もあるでしょう。しかし、住職の考え方・人柄次第でお寺自体の雰囲気は全く異なります。最近では「開かれたお寺」をテーマに様々な取り組みをしているお寺も多いのです。

 

例えば・・

①     てらっこ・・赤ちゃんとママの交流の場・住職とお話もできる

②     寺子屋・・夏休み中などに子供たちの学習の場を提供している

③     コンサートや落語会などのイベント・・署名人を招いてイベントを行う

④     お寺ならではの体験・・写経、座禅などを体験し、心を落ち着かせることができる

 

その他にも寺カフェやヨガの場の提供や、定期的な法話会(ありがたいお話が聞ける)を開いているお寺もあります。これらの取り組みは、

・檀家でなくても参加することができる

・参加費は無料もしくは(民間会社等が行っているイベントと比較すると)かなり安価

・地域貢献のために行われているので、営利目的ではない

というのも気軽に行きやすい理由です。

 zatsudan_kaiwa_roujin_kodomo

あなたの住む町にもきっと「開かれたお寺」はあるはず

お寺は、昔から「地域の人たちの心の拠り所」「世代を超えた交流の場」として成り立っていました。お寺と普段付き合いがない方にとって、「開かれたお寺」を実践している寺院もあると知っておくことは、決してマイナスではないと思います。

関連するお役立ち記事

カテゴリー

最近の記事

ページトップへ戻る