ふるさと納骨

menu

※ふるさと納骨は納骨先寺院を紹介する立場ですが、紹介料・手数料は一切いただきません。
納骨について

失敗しない!納骨式の服装とは?

2016/07/04
pose_necchuu_computer_woman

 

納骨式にどのような服装で参加したらいいの?

葬儀などと同様に、納骨式でも礼服を着る事は皆さんご存知だと思いますが、身に着ける小物類など、細かな事になると知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、納骨式の際にどのような服装で参加したらいいのか、詳しく説明致します。

【男性の場合】

ブラックスーツ、黒のネクタイ、黒の靴下、白のワイシャツ、黒の靴を履きます。派手な腕時計、ネクタイピンは避けましょう。ハンカチの色も地味なものを選びましょう。

学生や子供の場合、制服があれば制服で出席し、なければ黒か紺、グレーのズボンに白いシャツですが、季節によっては黒、紺、グレーのジャケットを羽織ります。靴下も、黒か紺か白で、靴も黒、紺、白が望ましいです。

mofuku1_manmofuku3_boy

【女性の場合】

黒のワンピースか、黒のスーツなどです。

ストッキングも黒で、靴の色も黒を選びます。光る素材の靴は黒でも駄目です。派手な腕時計やアクセサリーは避けます。パールのものはOKです。

バッグも黒を選び、ハンカチも、白か地味な色を選びましょう。

学生や子供の場合、制服があれば、制服で出席しましょう。ない場合は、黒、紺、グレーのスカートかズボンに白のシャツ、ブラウスがベースですが、季節によって黒、紺、グレーのジャケットやセーターなどで調節しましょう。

タイツ、ソックスも黒、紺、白で、靴も黒、紺、白が望ましいです。

mofuku2_womanmofuku4_girl

【赤ちゃんの場合】

地味な色でというのは難しいと思いますが、それらしい服装が望ましいので、お宮参りに着用した、ベビードレスなどが良いでしょう。

akachan_okurumi

いかがでしたでしょうか?

やはり、施主、親族だけでなく、参列者も四十九日の忌明けまでには礼服が多いようです。四十九日に納骨式を行わず、一周忌の法要の際に行う場合も、遺族の方は礼服を着用しますが、一般参列者の場合は、一周忌以降の法要であれば、地味な平服(普段着ている服)で参列出来ることもあります。

服装は大切なマナーですので、上記に書いた通り、ご参考にしていただければ幸いです。

関連するお役立ち記事

カテゴリー

最近の記事

ページトップへ戻る